どんぐり山の生活

共働き 子ども息子2人(+現在妊娠中)家事、料理、お出かけ、節約など主婦の知恵袋のブログです。切迫早産入院、産み分け。

こどもの産み分け⑤言われた日の夜にチャレンジする

子どもの産み分けの記事の続きです。
私は、静岡市にある富松レディースクリニックさんに通院しました。
www.days-of-joy.work
www.days-of-joy.work
www.days-of-joy.work
www.days-of-joy.work

先生に言われた日の夜に言われたようにしました。私も旦那さんも結局面倒くさくて、病院からもらった産み分けの本もほとんど読まずに、でした。
排卵検査薬なども全く使っていませんし、初診以降、もう基礎体温を測るのも面倒だったのでやめてしまっていました。
当日の子作りは、ほんと作業的。今回妊娠しなかったら、このなんとも言いようのない作業を毎月やるのかと思うとガックリした気持ちになりました。たぶん、旦那さんも同じ気持ちだったと思います。

そして、なんとその時見事に妊娠したようで、次生理がくることはありませんでした。

それ以来、産み分けの産院には受診していません。妊娠の確定の受診は最寄りのかかりつけの産婦人科に受診したからです。また片道一時間かけて通院するのをためらったからです。

産み分けすると、妊娠するのに時間がかかるよと先生に言われていたのにあっけなく妊娠したことにびっくりしました。次男を妊娠する際、すごく時間がかかったのですが、産院に通ったせい?排卵日を特定してもらったせいか、すぐ妊娠したことにびっくりしました。

わたしは、運良く、1クールで妊娠しましたが、妊娠しなければこの作業的な行為が毎月続くとなるとつらいな、と感じました。作業的で、楽しくもない。さらに、生理が来た(妊娠しなかった)ときのショックもある。

すぐ、妊娠できたことに感謝です。
にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村